初めてお越しの方必見!→けせらせらっこ自己紹介とおすすめ記事!

Yahoo!プレミアム会員・雑誌100誌以上読み放題知らなきゃ損

ねえ、ねえ、Yahoo!プレミアム会員で雑誌が100誌以上読めるようになったの知ってる?

と言われて気付きました。

ご存知でしたか?

2017年12月25日より

Yahoo!プレミアム会員雑誌100誌以上、漫画1万冊以上が読み放題になっていたのです。

 

12月25日からとは・・・

Yahoo!さんからのクリスマスプレゼントに、今日まで気付かなかった私です。

優しいですねYahoo!さん

さらに、

雑誌に絞って、電子書籍が無料で読める利点と難点も考えてみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

特典が増えたYahoo!プレミアム会員の会費

  • Yahoo!プレミアム会員費は月額金462円(税抜)です。

ソフトバンクとワイモバイル一部利用者は無償でOK

  • ソフトバンクでは、スマートフォンユーザーに対してYahoo!プレミアムの全特典を無料で提供しています。
  • ワイモバイルでは、「スマホプラン」「データプラン」の利用者に「Yahoo!プレミアム for Y!mobile」を無償展開しています。

上のユーザーは、追加料金なしで読み放題プレミアムが利用可能です。

スポンサーリンク

雑誌100誌・マンガ10,000冊が読み放題

雑誌一覧はこちらです。

参考Yahoo!プレミアム、読み放題雑誌一覧

例をあげますと・・・

  • 週刊誌・ビジネス誌のカテゴリ:女性セブン(小学館)、週刊アサヒ芸能(徳間書店)、サイゾー(サイゾー)、サンデー毎日、エコノミスト(毎日新聞出版)など
  • 女性ファッション誌のカテゴリ:Ray、mina(主婦の友社)、ar(主婦と生活社)、VOGUE JAPAN(コンデナスト・ジャパン)、Oggi(小学館 ※前号を配信)、CanCam(小学館 ※前号を配信)など
  • 男性ファッション誌のカテゴリ:MEN’S EX、Begin(世界文化社)、Lightning(エイ出版社)、Fine(日之出出版)、GQ JAPAN(コンデナスト・ジャパン)など
  • 生活のカテゴリ:オレンジページ(オレンジページ)、OZmagazine(スターツ出版)、サンキュ!(ベネッセコーポレーション)、Baby-mo、Pre-mo(主婦の友社)など
  • 趣味・スポーツのカテゴリ:デイリースポーツ(神戸新聞社)、週刊ベースボール(ベースボール・マガジン社)、WORLD SOCCER DIGEST(日本スポーツ企画出版社)、つり情報(辰巳出版)など

一部、前号を配信するものもあります。

 

Oggi(小学館 ※前号を配信)、CanCam(小学館 ※前号を配信)などです。

 

普通に雑誌を買う場合と差別化は必要でしょうから、その辺は、仕方ありませんね。

電子雑誌のプラスな面

電子雑誌の利点を考えてみます。

無料だということ

これは第一のポイントだと思います。

無料ほど、ありがたいものはありません。

重さ

ファッション誌って意外と重いです。

CanCamとか、持ち運ぶとなると、鞄の幅を取ります。

スマホでさっと見れるなんて良いですよね!

空き時間に選択肢が広がる

病院の待合室や、美容院でおなじみの雑誌ですが、

そういう時にも、自分の好きな物見る幅が広がります。

拡大縮小が出来る

老眼が進んできた人等は拡大が出来るので、

老眼鏡要らず

電子雑誌のマイナスポイント

手でめくる方が楽

自動めくり操作がありますが、

それを使うと文字が小さくて見えずらいなと思いました。

スマホやPC操作に慣れていない人は

PC操作を煩わしいと思う人もいるかも

大きさが小さすぎる

1と同様ですが、

雑誌サイズをスマホで見ようとすると、

どうしたって、文字が小さくなりすぎてしまいます。

見辛いので、見るのが億劫になってしまう。

無料だと思うと見ない

無料で何冊も!って言われてしまうと意外と

見ないかもしれないって思いました。

無料で安心感がる分、

お金払っていないので、

まあ、いいかと見る機会も実は減るかもと。

付録がない

CanCamだと、近年では、自撮りライト

が、爆発的なヒットをしました。

付録目当てで雑誌を購入する人も増えている時代です。

スポンサーリンク

まとめ

Yahoo!プレミアム会員の特典が増えました。

雑誌100誌以上、漫画1万冊以上が読み放題です。

今回は雑誌に絞って、メリットデメリットを考えてみました。実際に読んでみた感想も含まれます。

メリット

  • 無料
  • 持ち運びの時の重さ
  • 空き時間の読書の選択肢が広がる
  • 拡大縮小が出来る

デメリット

  • 手でめくる方が楽
  • 無料だと思うと見ない
  • 付録がない

色々と考えましたが、

無料で読むことができるという点

利用者にとってやはり最大のメリットになるのではないでしょうか。

Yahoo!プレミアム会員費は月額金462円(税抜)です。雑誌2冊くらい読めばもう、元は取れちゃいますね!



【本・読み上げ機能】関連のお勧め記事です!

コメント