ドラマ|アニメ

未来のミライ・家族の織りなす歴史に泣けた!~感想・評判・ネタバレ細田守監督最新作!

更新日:

未来のミライ

未来のミライ感想ネタバレになります。

7月20日から全国ロードショーです。

 

結論から言うと、途中、中だるみをしつつも、泣きました。家族の絆に感動で泣きました。

  妹ができた4歳児、甘えん坊のお兄ちゃん(くんちゃん)は、父母の愛情が妹へ奪われてしまったことに戸惑い嫉妬してしまいます。そんな、くんちゃんが、未来からやってるく妹ミライちゃんに導かれ、助けられ、お兄ちゃんを自覚するまでの物語になります。

 

物語の序盤、くんちゃんのわがまま、嫉妬が強すぎてげんなりする場面もありますが、最後まで進むと、まさに、点と点が繋がって線になるお話です。

オススメ細田守監督過去作品は何があるの?人気・おすすめ見所ストーリー

細田守監督最新作!未来のミライ

細田守監督は、「時をかける少女」「サマーウォーズ」「おおかみ子供の雨と雪」「バケモノの子」

など、大ヒットアニメーション映画を生み出している監督です。

 

その監督が送りだした最新作が2018年夏にロードショーされる「未来のミライ」です。

参考未来のミライ

  • カンヌ国際映画祭 監督週間 正式上映作品
  • アヌシー国際アニメーション映画祭 長編部門コンペティション 正式出品作品

 

「新しさを求めないと作品を作る意味がない」という細田監督です。

未来のミライ原作

 

細田守監督のオリジナル作品です。

「サマーウォーズ」「おおかみ子供の雨と雪」「バケモノの子」と家族を描いてきた細田監督。

 

今回の未来のミライも、ずばりテーマは【家族】です。

 

細田監督ご自身の家族、息子さんが、作品の着想を得た時点で息子さんが4歳だったからだそうです。

 

4歳と5歳の微妙な差から考えても4歳がベストだと言う事で、主人公を4歳に据えたそうです。

 

これは、リアリティのある主人公が描かれているのも納得です。

未来のミライちゃん登場人物・キャスト・主題歌

登場人物とキャスト

くんちゃんー上白石萌歌

ミライちゃんー黒木華

おとうさんー星野源

おかあさんー麻生久美子

謎の男ー吉原光夫

ばあばー宮﨑美子

じいじー役所広司

青年ー福山雅治

主題歌は。山下達郎・ミライのテーマ/うたのきしゃ

 

山下達郎x細田守監督は、サマーウォーズ以来の9年ぶり2度目のタッグです!

未来のミライあらすじ

とある都会の片隅の、小さな庭に小さな木の生えた小さな家。
ある日、甘えん坊のくんちゃん(4歳)に生まれたばかりの妹がやってきます。
両親の愛情を奪われ、初めての経験の連続に戸惑うくんちゃん。
そんな時、くんちゃんが出会ったのは、
未来からやってきた妹、ミライちゃんでした。
このちょっと変わったきょうだいが織りなす物語。
それは、誰も観たことのない、
小さなお兄ちゃんの大きな冒険の始まりでした―

 

未来のミライ感想(ネタバレ含む)

原作を読んだ感想と、ここから、ネタバレも含まれていますので、ご注意ください。

ゆっこ(犬)(10歳?)

くんちゃん(4歳)

ミライちゃん(0歳)

おかあさん(出版社勤務~真面目で責任感が強い完璧主義者でも神経質)

おとうさん(建築事務所~芸術家肌・マイペース)

ばあば

じいじ

くんちゃんの家は、基本的には、4人家族に犬1匹です。

犬のゆっこが6年飼われた後にくんちゃんが生まれました。

舞台は神奈川県の根岸線の付近の住宅に住んでいます。

 

 

この家に来たのは、くんちゃんよりもゆっこが先でした。

 

くんちゃんは電車が大好きな男の子です。新幹線の名前や特急の名前など覚えています。レール遊びも大好きです。

 

雪が降ったある日、くんちゃんに妹が出来ます。

ポイントくんちゃんが新幹線や電車の好きなことは後の物語にも絡んできます。

ばあばが、新幹線に乗って、出産産後の世話をしに、くんちゃんの家に手伝いに来てくれます。

 

 

建築士のおとうさんのこだわりの家を、ばあばは、あまりよく思っていません。くんちゃんの家は、例えば、段差が仕切り代りだったりします。

 

しかし、お父さんは、古いものも大切にしたいというこだわりがあります。

 

 

お父さんは、フリーになったばかり、家で仕事をしています。

くんちゃんが赤ちゃんの時は、おかあさんがワーママワンオペで育児をしていました。

 

お父さんが、成長していくストーリーでもあります。ミライちゃんが生まれて、手こずりながらも、子育てをします。

 

不思議な出来事1、ゆっことくんちゃんが入れ替わる

くんちゃんのミライちゃんへの嫉妬が日に日に増していきます。

両親の愛を奪われた男、それがくんちゃんです。

 

そんな、くんちゃんの前に、男が現れます。

 

男は=ゆっこ(犬)でした。

 

ゆっこのしっぽを自分に付けて犬になってしまうくんちゃん

おとうさんは、くんちゃんのことをゆっこと呼びます。

 

くんちゃんが実際の4歳児に戻った時、ゆっこの気持ちを代弁します。ゆっこは、美味しいペットフードを買ってきてもらうことに成功します。

 

犬のゆっこと、くんちゃんが入れ替わった理由は、くんちゃんが生まれる前6年間は、ゆっこと、おとうさんと、おかあさん(2人と1匹)だけの暮らしでした。皮肉なことですが、ゆっこもまた、くんちゃんに、おとうさんとおかあさんの愛情を取られたということをくんちゃんがあんまりな状況なので、教えのために出てきた役割であったと思われます。

 

未来のミライちゃん登場~ひな祭り

生まれた赤ちゃんは、ミライちゃんと名付けられることが決定されました。

 

初節句のおひなさまに、遠方から、じいじとばあばが来ます。

 

ひいじいじとひいばあばの結婚秘話もしていました。

 

一夜明けて、3月4日になります。

未来のミライちゃんが、ここで登場します。

おひな様は、どうしても3月4日にしまって欲しいからです!

 

【おひな様をしまうのを遅れる】=【お嫁に行くのが遅くなる】という言い伝えのことを気にして未来からくるのです(笑)

 

セーラー服のミライちゃんです。

 

ミライちゃんの執念?凄いですよね。セーラー服(中学)で、ひな祭りの人形をしまい忘れるとお嫁にいけないということで現れたなんて、びっくりですけどね。まあ、中学生だからこそ的な面もあるかもしれませんが・・・

 

未来の大人になった姿をおとうさんにバレる訳にはいかないミライちゃん。

 

笏がないというトラブルにも見舞われましたが、無事、笏を見つけ出すことができておひな様をしまうことができました。

 

ミライ→くんちゃん「一緒に団結して行動すると、仲間意識が出来て仲良くなるらしいけどどう?」

と聞くも、くんちゃんはそんなことないと言う。

 

あくまで、くんちゃんは、まだまだ、ミライちゃんの事が【好きくない】状態です。

 

くんちゃんのわがままっぷりに、ここらへんで少々しんどくなってきつつありましたが、後半は感動して思わず涙まで流すことに・・・。

 

おかあさんとくんちゃん

くんちゃんとお母さんは、アルバムの昔の写真を見て団らんします。しかし、相変わらず、わがままを言ってしまう、くんちゃん。

 

気付いたらくんちゃんは、雨上がりの見知らぬ街にいました。

時代背景は、現代ではありません。

そこは、お母さんの小さい頃でした。

 

 

猫が飼いたいと言う少女(くんちゃんのおかあさん)

散らかし放題の遊びをするくんちゃんと少女(くんちゃんのおかあさん)

 

くんちゃんのおかあさんも、くんちゃんと一緒で片付けは苦手でした。

 

くんちゃんは私の宝と言う、おかさん。

それを聞いた、ばあばが、それは、昔の私のセリフでしょうと言います。

 

くんちゃんのおかあさんは、今は私のセリフと言う

 

ばあばからおかあさんに受け継がれた想いを感じました。子育てに願いは大事と言うばあばの言葉も素敵でした。

 

また、おかあさんが寝た所を、よしよしとするくんちゃん。これは、親が見えない所で子供に助けられているという表現に感じました。

 

お父さんと自転車の練習をするくんちゃん

お父さんと自転車の練習をするくんちゃん。

しかし、そううまく乗れません。

ある青年との出会い(後のひいじい)

また、気付いたら、異次元に迷い込んでしまうくんちゃん。

荷物は馬か牛が運んでいるような時代でした。

 

「何事にも最初がある」と言う青年に出会う。

馬やバイクに乗せてもらう、くんちゃん

 

 

どんな乗り物だってコツは同じだ。一つ乗れたらなんでも乗れるようになる。馬だって船だって飛行機だって

 

という青年の言葉が、現実のくんちゃんの【自転車乗れるように練習していること】へのパワーとなります。

 

おかげで、リアルのくんちゃんは、自転車に乗れるようになりました。

 

おとうさんは、息子の成長に感動するも、おとうさんも父親として成長していることをお母さんに指摘されます。

 

この物語は、子供だけが成長している訳じゃないんだよっていうメッセーじが随所に感じられます。

 

くんちゃんの家出~未来の自分に遭遇?ミライちゃんに助けられる

家出と言いつつ自分自身で隠れるも、誰も探しに来ないで困惑するくんちゃん。

そして、また異次元に引き込まれる。

 

そこは無人駅でした。1人の男子高校生がいます。

(この学生は、実は高校生のくんちゃんです)

 

「思い出を台無しにするな」と言う男子高校生。

男子高校生の制止も聞かず、くんちゃん乗客一人で電車に乗ってしまいます。

 

くんちゃん未来の東京駅で迷子になります。

 

おかあさんもおとうさんもいない。

失くしたものは自分自身です。

おとうさんの名前もおかあさんの名前も思い出せません。

 

このままだと、家族のいない、ひとりぼっちの国に行かないといけないと言われてしまいます。

 

その時、黒い新幹線の先に赤ちゃんのミライちゃんが黒い新幹線にミライちゃんが乗ってしまう寸前でした。

 

ミライちゃんを思い出したくんちゃん。ミライちゃんを危機一髪の所で助けました。

そして、中学生の未来のミライちゃんが現れて、くんちゃんを助けます。

 

ミライちゃんが生まれた雪の降った日に、

「何かあったら助けてあげてね」と言われていたことを思い出したくんちゃん。

 

どちらかが助けるだけでなく、しっかり相互で助け合っている所が見えてよかったなと思うと同時に、ひとりぼっちの国に行かないといけないということが、切なく感じて悲しくて泣けました。

 

タイムトラベラーくんちゃん

タイムトラベラー的にいろんな時代の家族を見てきた、くんちゃんでした。未来のミライちゃんに

「お庭の樫の木」は、我が家の歴史の索引だという。時間のインデックスの樫の木だと教わります。

 

そして、色々な我が家の歴史を見ることになります。

 

  • お父さんは小学生になっても自転車に乗れなかったこと
  • ひいじいじとひいばあばの馴れ初め

 

先祖が少しでも、違った行動をしていたら、自分達は生まれていなかったということをミライちゃんがまざまざと、くんちゃんに伝えます。

 

未来のミライ・口コミ・評判

良い口コミ評判

悪い口コミ評判

未来のミライはこんな方におすすめ

未来のミライ原作のネタバレ感想でした。まず、冒頭のくんちゃんのわがままっぷりには、多少辟易しますが、そこを通り過ぎたら異次元のタイムトラベラーの話に引き込まれました。

 

そして異次元の旅は現代未来へと続いて行くのです。

 

未来のミライはこんな方におすすめします。

  • これから子供を育て始める夫婦・子育て中の人
  • 子供の教育に
  • ひとりぼっちの人にも

子育てから得られる大切さや、家族の重要性を改めて感じることができる作品です。

 

ある面では、ワンオペになってしまっていて子育てに参加していない夫の方は、「自分はなんて貴重な機会を逃しているのだ」と機会損失に気付くきっかけにもなるかな?と思いました。

 

このおとうさんは、くんちゃんの時は、おかあさんにまかせっきりだった証拠に、ミライちゃんの子育てて悪戦苦闘しています。

 

また、兄妹の関係や、ひいじいじの頃、昔の話だったり、子供の教育にもなる作品です。

 

家族の歴史全部が繋がっているなと感じられる作品です。

また、おひとりさまが増えている現代です。

 

お嫁に行けなくなるという理由で、未来からミライちゃんがやってくる執念や、くんちゃんが、ひとりぼっちの国に行かないといけなくなるなど、差し迫った「孤立」が対立して向こう側にある作品に思いました。

 

これは、おひとりさま層へのメッセージにもなっている気もしました。

 

「ひとりぼっちでいいや」となっている人も、この機会に対局側の世界を見ておくといいかもしれませんね。

オススメ細田守監督過去作品は何があるの?人気・おすすめ見所ストーリー

 

★当サイト初めての方必見!↓

けせらせらっこ自己紹介とおすすめ記事!

 

-ドラマ|アニメ

Copyright© けせらせらっこ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.