初めてお越しの方必見!→けせらせらっこ自己紹介とおすすめ記事!

バックアップや画像保存にお勧め!東芝ポータブルHDDとクラウドサービス

ブログを始めると、画像やバックアップ取ったデータが日々溜まって行っていました。

以前から、このブログで、

外付けHDDが欲しいのに購入するタイミングが悪く買えなかった

 

バックアップしなかったら大変なことになった話。カスタマイズの時には必須項目
functions phpを設定変更せざるを得ない方法を試したんです。 たどり着いたページに書いてあった謳い文句に! 【初心者でも簡単!5分!でできる】って書いてあったから、やってみたんですよ。 5分でできるはずが...

 

という話をしてきました。

 

バックアップ取るべきところで、データを増やしたくないとの思いも兼ねて起こったトラブル。

 

また、データトラブル後の復旧時に画像ファイルが見つからないで消耗しました。

 

データ管理ってとても大切ですよね。

 

外付けHDDをようやく購入できたので、購入したHDTB310FK3AAーDHD-AC10TWのレビューとクラウドサービスについて語ってみたいと思います。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

東芝ポータブルハードディスク

今回購入した外付けHDDは、TOSHIBAのポータブルハードディスクです。

外付けHDD東芝1

 

 

あれ?二つありますね。

そうです。

以前にも、品番こそ違いますが、ほぼ同じ製品を購入していたのです。

これ、本当シンプルで使いやすいです。

テレビレコーダーとしてもPCにも使えます。

どちらも1TB

外箱に書いてある内容はほぼ一緒です。

 

品番は、

HDTB310FK3AAーD

HD-AC10TW

 

です。

カラーがホワイトとブラックの違いはあります。

 

一つはテレビレコーダー用に使っています。

 

HDTB310FK3AAーDを購入した動機

 

最初に購入した来た時に驚きました。

ペットボトルの蓋と一緒に撮影したもの。

手のひらサイズです。

 

何この小さいの!

 

最初の感想です。そりゃポータブルですけどね。

 

私は、この前に、他にも通常据え置き型タイプの東芝製品のHDDも使用しています。

なので、東芝製品への信頼度がありました。

トラブル一切ないし。静音だし。

今、何かと経営難の東芝ですが、日系メーカーに頑張ってもらいたいです。

参考日系企業に頑張ってもらいたい理由

aibo・アイボの回|クローズアップ現代ロボット大国日本の逆襲
ふとテレビを点けたらやっていた、クローズアップ現代 アイボ(aibo)の回。 先日この記事を書いたので気になって興味深く視聴しました。 (お読みになっていない方は、ね) ...

 

さらに、価格が他と比べても手頃だというのも決めてでした。

 

聞いたことのないメーカーの外付けHDDは、東芝より少し安い価格で販売されていたのです。

東芝ポータブルハードディスクと他社製品の比較

東芝のポータブルハードディスクは持っているので知っています。

 

同じ価格帯の他社製品のレビューは・・・

  • 動作しなかった
  • 初期不良があった等

同じ価格帯の他社製品は、賭けの部分んもあるなーと言った感想を持ちました。

 

それなら気に入っている、東芝のポータブルハードディスクを再購入したいと思っていました。

 

東芝ポータブルハードディスクの利点

外出先で使用する機会がなくても、室内使用のみでも、既存の外付けHDDは大きくて、邪魔だな

 

と感じていたので、

 

この小ささで同じ容量の1TBなら迷わずポータブル!という気持ちでいました。

 

自分の所有している据え置き型のHDDと比較しても、

電源コードに差し込む必要がないのもさらにお気に入りです。

 

こちらのポータブル外付けHDDはそのままPCやテレビに繋ぐことができます。

 

パソコンやテレビとUSBケーブル1本で動作可能。

電源ケーブルも必要ないので配線がすっきりします。

商品外箱記載

 

気に入っております。

ようやく購入出来て嬉しいです。

 

クラウドサービスを詳しく知る

東芝ポータブルハードディスク

購入後に

 

さて、レビューしよう!となった際に

 

クラウドサービスの存在に気付きました。

 

どれどれ?

と、

「Googleでは、Googleドライブがあるんだな?」

 

とGoogleドライブのページに行くと、

 

私、詳しく分からずとも、使用していました・・・( ´艸`)

 

しっかり把握した上で使用するのではなく、もうすでに使用していたというオチ。

 

それに気付いていれば、

 

「このPCはもうデータ保存したくない!パンパンだ!」

 

という思いを抱かずに、

 

「クラウドサービス使えばいいんだよね」

 

と、すいすいできたのに・・・

 

スポンサーリンク

クラウドサービスとは

ここで、詳しくクラウドサービスの話をしたいと思います。

クラウド上にデータを保存しておく仕組みのことです。インターネット上で保管して、アップロード、ダウンロードします。パスワード管理で、PCでも、スマホでも、データを引き出すことが出来るのです。

 

Googleメールとか、ヤフーメールもクラウドサービスの一種ですよね。

 

簡単に言うと、データをweb上で管理するってことですね。

 

【各社比較】

 

サービス名提供会社無料で使用

できる容量

有料プラン
iCloudアップル5GBあり
amazonCloud Driveamazon5GBあり
One Driveマイクロソフト5GBあり
Yahoo!ボックスYahoo!5GBあり
GoogleドライブGoogle15GBあり
EVER NOTE EVER NOTE毎月60MBあり

他の企業もありますが、抜粋して見ました。(2017年12月現在)

※5GBなら約2000枚の写真を保管できます。

【データの目安】1B→(1024倍)1KB→(1024倍)1MB→(1024倍)1GB→(1024倍)1TB

外付けHDD・クラウドサービスの欠点

利点ばかりではなく、それぞれには欠点もあります。

クラウドワークスに保存する際はパスワード管理をしっかりしましょう。パスワード流出で簡単に侵入されてしまうことがあります。

外付けHDDは壊れる可能性があります。

 

スポンサーリンク

2点同じ物を購入したメリット

テレビ用と、PCのデーター用と2台色違いを購入しました。PCのデーター保存用は毎回使わないので、PCとHDDを繋ぐコードが行方不明になり、見つかりませんでした。

 

テレビに繋がれていた、HDDのコードを利用してPCに保存できるので、これは予想外の嬉しいメリットでした。

 

スポンサーリンク

最後に

私は、データ保管用に、東芝のポータブルハードディスク1TBのものを購入しました。ポータブルで小さく電源コード要らずで大変気に入っています。上の図【データの目安】でご紹介したように1TBも容量あれば当分安心です。

 

さらに、手元にデータがあるという安心感はあります。

 

今回改めて、クラウドサービスについて、触れる機会があり、そういったデータ管理をしている人も多いのだなと思いました。

 

画像は、クラウドサービスに、バックアップは外付けHDDにと分けて管理してもいいのかなと思いました。

外付けHDDに関しては、東芝製品は価格も手ごろで、優秀です。ポータブルタイプは、尚、お勧めします。

「PCお役立ち情報」の関連記事です!

コメント