絶品くず餅!船橋屋 くず餅 450日発酵させる亀戸天神で生まれた伝統の味

シェアする

今日は色々あってブログを更新するのをお休みしようかと思っていましたが、ふと食べた

くず餅があまりにも絶品だったので、更新することにしました。

これは誰かに伝えたくなる美味しさでもあり、記念に残しておきたいものでした。

スポンサーリンク

ご紹介するのは船橋屋の元祖くず餅です

船橋屋 くず餅

とっても美味しかったです。

程よい固さがあって弾力がある。もちもちなのに歯ごたえがしっかりあると言う感じでした。

くず餅ってこんなだったけ!このくず餅美味しい!!

と、くず餅の概念をひっくり返す美味しさでした。

船橋屋 くず餅

箱から取り出そうとした所です。

この写真だと一般的なくず餅より、固さがあるのが分かると思います。

何とも言えない(良い意味で)固いだけじゃなくてもちもちなのです。

発酵の力

くず餅(くずもち)の品質を支える重要な要素は、お餅の適度なやわらかさとしなやか歯触り、そして独特な弾力です。それを引き出す上で欠かせないのが乳酸菌です。船橋屋では、厳選した小麦の澱粉質を450日もの間乳酸発酵し、じっくりと熟成します。                 商品HPより

え?450日もの間乳酸発酵するの?すごいね!

本当に、歯ごたえが最高でした。体が喜ぶくず餅っていう感じです。

歴史あるくず餅

船橋屋 くず餅 箱

包装紙を開封して内箱に説明が書いてあります。

時は文化二年(西暦1805年)

学問の神様と謳われ、沢山の参拝客で賑わう亀戸天神。

その境内に生まれたのが、

船橋屋・初代勘助が故郷下総(船橋)名産の

小麦粉を用いて作った「くず餅」です。

その味は、神社詣でと共に親しまれるようになり、

庶民の味・文化として今日まで二百余年、

受け継がれて参りました。

船橋屋

歴史のあるくず餅です。二百余年も続いているとは・・・

また、亀戸天神の境内で生まれたという、ありがたいエピソードもあります。

船橋屋元祖くず餅入っているもの

箱の中に入っているものは

船橋屋 くず餅  内容量

(※注意・この写真は、手を付けてしまっていますが・・・)

  1. くず餅
  2. きな粉
  3. 黒蜜

くず餅だけではなく、きな粉と黒蜜だけで戴いても美味しかったです。

こだわりの格調高い味がしました。

この船橋屋さんの商品【楽天市場】で見た所、どれも

凄い評価が高いです。4.5以上の商品がほとんどといった感じです。

贈り物の用途も様々

レビューを見ると・・・

バレンタインや、プレゼント、東京土産、新年のご挨拶にと、

様々な用途で重宝されていました。

こんなに格調高く、亀戸天神で発祥という縁起の良さといい、

頂き物でもらったら、本当に嬉しいと思います。

こちら包装紙が東京土産のバージョンもあります。

船橋屋さんのあんみつも食べてみたいです。こちらのあんみつセットも気になります。

最後に

もう、この辺で今日は止めにしようと思ったのに、一口食べたら、

これはブログに書かないと!

という美味しさであり、

自分の中の記念と、記録としても残しておきたいものだったので書きました。

え!くず餅ってこんなに美味しかったっけ?

と良い意味で裏切られる

200余年の歴史ある、450日もの間熟成発酵させる

美味しい船橋屋さんの元祖くず餅美味しく頂きました。

最後までお読みいただいてありがとうございます。
2つのブログランキングに参加中です。
更新の励みになります(*^^*)
下の2つのラッコのバナーの向こうに素敵なブロガーさんもたくさんいらっしゃますよ!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ
にほんブログ村
スポンサーリンク

シェアする

フォローする