wordpressトラブルから復旧した方法とやるべき方法、再インストールが大変だった話

シェアする

アイキャッチ画像

function.phhをコピペしておかしくなりましたと以前書きました。

その後どう奮闘したか、復旧させたかを残しておきます。

辿った経緯と行ったことを記します。

こんばんは。 functions phpを設定変更せざるを得ない方法を試したんです。 たどり着いたページに書いてあった謳...

こちらの記事の、その後の話です・・・

まず最初に試した方法です。

テーマを削除して入れ替えた

→小テーマ・親テーマ両方とも削除して入れ替えましたが、直りませんでした・・・

スポンサーリンク

wordpressの不具合と格闘する

wordpress開くと出ていた、phpのエラーメッセージは・・・

4つのエラーメッセージとも、

widget.phpのエラーです。

全て、arrayに関してです。

というものでした。

小テーマに出ていたエラーはそれだけでした。

しかし、確認のためと、親テーマで入ってみた所・・・

数えていないけど、かなりの数のphpのエラーが出ていました。

不具合に驚く画像

これはダメだ・・・

と、目の前が真っ暗になりました・・・

そうこうしているうちに、たどり着いたページには・・・

wordpressを再インストールと良い!という書き込みを発見!

wordpressを再インストールすると直るかもしれない?

その前に、奮闘して、php(プログラミング言語)を勉強しました。

web講座をやって行くうちに・・・

phpよりも一番よく分ったことは・・・

一夜漬けでphp学んだところで直せない

PHPの間違ったところを探して書き換えるなんて今の自分には、無理!

そもそもあっているのか間違っているのかも分からない・・・

WordPress Database Resetを使ってデーターベースの【設定】の項目のみを初期化

wordpressを再インストールすると直るかもしれない?の、その前に、

WordPressを再インストールしても直らなかった、画像の不具合が、

データーベースの【設定】(wp_optionsの項目を初期化したら直ったという書き込みを見て実施。

後から、安易にデーターベースを初期化するべきでないと有識者の人に言われてしまいましたが・・・

WordPress Database Resetのプラグインを入れてそちらから、削除(初期化)しました。

4つのエラーメッセージとも、

widget.phpのエラーです。

全て、arrayに関してです。

こちらのエラーメッセージは消えました。
親テーマ小テーマ共にphpのエラーメッセージは、消えてくれました。

残るは、1ページだけ関連記事が、サイドバーに入り込むという不具合。

これをどうしたら直るのか?

と思ったところ・・・

そういえば、wordpressの再インストールは試していないな?

wordpressの再インストールを試すことにしました。

wordpressの再インストールを試す

このページを参考にwordpressの再インストールをすることにしました。

WordPressを使っていて、問題が発生しました。 その問題とは、『子テーマが削除できない』というトラブル。 なら、参考にどうぞ。 のサイトより、ログインします。 ❸バックアップしたWebサイトを探し、右のセルにある「ダウンロード」をクリックすると、WordPressコアが丸ごとダウンロードされます。

エックスサーバーにログインして、設定したwordpressを削除します。

そして、WordPressに紐付けるMySQL(データベース)は、「空」である必要があるので、一旦「空」にして、紐づけて、また戻すという作業をしました。

ここでトラブルが発生!

書いてある行程通りにやって行ったのですが、wordpressを削除して
次の行程の、MySQL(データベース)を空にするためにはIDとパスワードが必要だったのですが、
この方のページで調べ方が書いてありますが、wordpressを削除してしまったので調べようがありませんでした。

パスワードの変更はできるのですが、

私の場合、データーベースが2つありどちらが、このドメインと、紐ついていたものかが分からなくなってしまいました。

『データベース名』が間違ってないかどうかを、何度も確認してください。もし間違ってしまうと、他の所有サイトのデータが消失します

参考にしたサイトの方も再三アナウンスして下さっています。

不具合に驚く画像

と言う事で、先に進めないままでした。

データーベースとドメインが紐付いたものは、つい先ほど削除してしまったので確認が取れません。

こちらの私のサイト【けせらせらっこ】に訪れてくださった方に対して、数時間エラーの画面になってしまいました。

【phpMyAdminでのURL確認手順】
—————————————————————–
[1]確認したいMySQLデータベースを選択する。

[2]画面左部より「wp_options」テーブルを選択すると「構造」が表示されるので、
タブで「表示」へ切り替えた後、各idを下記の値へ変更する。

※各idの数値は多少変動する場合があります。

option_id :1
option_name:siteurl
option_value の値を確認する。
「http://~」という記述があるかと存じます。

※ idの値が多少異なる場合やすでに値が変更されている
(また、値の内容が変更されていない)場合もあります。

エックスサーバーの問い合わせで

確認して教えてもらった詳細です。

どちらか分からなくなっているデーターベースの2つのうち、1つのパスワードを変えて、

この教えてもらった内容で確認が取れて、次のステップに進めました。

ようやく一安心と思いきや・・・

不具合に驚く画像

今度は、FFTPでバックアップしたデーターがローカルに呼び出せないという状況に陥りました。

何度もやってもダメだったので、

ソフトを変えて、

FileZillaを使ってやってみたら、出来ました。

しかし、出来たとはいえ、画像は消えてしまったし、プラグインの不具合でwordpressに入れない等・・・

尚、不具合が頻発!

wordpressの再インストールは本当大変でした。

結局は、確認できる不具合個所は、

サイトの表示で1ページのみ、変な表示になってしまっている。

このことからも分かるように・・・

サイトがズレて表記されるのは、htmlの指示が不要なものを入れていたというオチ・・・

wordpressの再インストールは大変だった割りには、再インストールして画像が消えて、プラグインが不具合起こしてと、まあ、時間をたくさん費やしました。

コメント戴いたプクーさんから教えていただいた内容です。

function.phpファイルを新しいSimplicityのファイルにFTPで上書きする
sidebar.phpファイルを新しいSimplicityのファイルにFTPで上書きする
またチャレンジしたい時はfunction.phpには触れず、Code Snippetというプラグインでやる。

と教えていただきました。

これをfunction.phpを触っておかしくなった方は、第一にこちらを試すべきですね。

最後に

wordpressは会社やお問い合わせセンターがある訳ではない(有志のサポートフォーラムはあり)ので、不具合を起こした際は本当自己責任だなと痛感しました。知識は必要だと再認識しました。一夜漬けのphp(プログラミング言語)を学んだくらいでは、解決できる訳がありません。

また、他の方で、wordpressから、はてなブログに戻ったという方もいらっしゃるようです。その気持ちも分かりました。大変でした。

バックアップは必ず取り、何かあったら、プラグインで操作する。FTPでファイルを入れ替えるを心がけます。

最後までお読みいただいてありがとうございます。
2つのブログランキングに参加中です。
更新の励みになります(*^^*)
下の2つのラッコのバナーの向こうに素敵なブロガーさんもたくさんいらっしゃますよ!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ
にほんブログ村
スポンサーリンク

シェアする

フォローする