友人から喪中の葉書が届いたどうする?簡単手作りクリスマスカード作りも

シェアする

友人からの喪中はがき

喪中はがきが届いた・・・

どう対応したらいいのだろう・・・

届いた人との関係性もあるかと思いますが、

先日、年賀状だけの付き合いになりつつある、

学生時代の友人から喪中の葉書が届きました。

葉書に、どういう関係性の、誰が亡くなったのか、書いてなかったので、

余計、気になりました。

メールを送りたくなりましたが、その前に検索してみました。

調べた結果、メールを送るようなことは、しない方が良い。

「メールをしてどうするの?」

という、内容の書き込みを見て、自粛しました。

でも、せっかくだから、心の交流がしたいな。

連絡を取りたいな、負担にならないことはないかな?と考えました。

クリスマスカードを送ってみれば?
という意見もあったので、

今回は、クリスマスカードを送ってみることにしました。

スポンサーリンク

簡単手作り、クリスマカード

海外に住んでいる友達が、

毎年クリスマスカードを送ってくれます。

最初に届いた年は、とび上がるほど嬉しい気持ちになりました。

(今年、もらっても嬉しいとは、思いますが・・・)

寂しかったり、辛かったりする時、
人からの好意や善意って、普段以上に嬉しく感じた経験があります。

完成した手作りクリスマスカード

クリスマスカード

先日upした、ユニクロフリースリメイクの記事で使ったレースのリボン。

(この記事見ていない人はぜひ見て下さいね!)

ユニクロのフリース何枚お持ちですか? 私は5枚持っています。 丈夫で、質が良いから、なかなか悪くならいですよね。...

この、100均のレースも余っています。

これをアクセントにしてみました。

材料

材料

  • 画用紙等(クリスマスツリーを貼る紙)
  • 緑色の紙(今回は袋)
  • 飾り付けテープ(マスキングテープでも!)
  • 両面テープ
  • ボンド

【ツリーの部分】

今回は、緑の水玉の袋でツリーを作ります。

(昔、大量購入したものです)

緑色した紙なら何でもいいと思います。

袋を分解します。

緑の袋

切って、三角に折ります。

折ったものに、リボンを付けます

(金色の方は、両面テープ付き)

ペタシール

三角のツリーに、レースのリボンを付けます。

端は両面テープで貼る。

赤四角で囲った部分はボンドを付ける。

ボンド付ける所

【土台部分】

土台はこのテープの2マス分を使います。

茶色系のマスキングテープでも良いと思います。

このレンガのテープはDIYにも使えますよ(=゚ω゚)ノ

土台部分【紙】

マスに合わせてカッターできります。

合わせて切る前の画用紙

【Merry Christmas】とヒイラギ(らしきもの(笑))を描いて終わりです!

クリスマスカード

メッセージを裏面に書き込み、送りました。

郵便料金の事情

今回は82円で普通郵便で送りました。

ポストカードの大きさで作りました。

最初、葉書で出そうと思っていたのです。

しかし、葉書投函は、

全面に添付された状態でないと配達してもらえません。

透明のテープで貼り付けるとなると見栄えが悪くなります。

封筒に入れて82円の普通郵便で発送しました。

郵便書簡(ミニレター)62円でも、25gまでなら中に

紙片を入れて送ることができます。

ちなみに、

普通郵便も82円で送ることができる上限も25gです。

2017年12月現在

同じ25g以下なら、20円ミニレターでお得に送ることが出来ます。

ミニレターの大きさで作って送ると、62円で済みますね。

最後に

友人からの喪中はがきが届いた場合、

人それぞれ、関係性それぞれあると思いますが、

今回は、クリスマスカードを送ることにしました。

私は、82円で普通郵便で送りましたが、62円の郵便書簡(ミニレター)で

25gまで送ることも出来ます。

喪中はがきの対応ではなくても、

家にある材料を工夫して、簡単クリスマスカード作成してみてはいかがですか?

きっと、楽しいですよ。

今回、家にあるものだけで、作成しました。

最後までお読みいただいてありがとうございます(⋈◍>◡<◍)。✧♡

ブログランキングに参加中です。
CTRL押しながらクリックするとラクです。
1度に4クリックも可能ですm(__)m

更新の励みになります(*^^*)


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ
にほんブログ村

★fc2 ブログのランキングにも
参加中!!


★ブログラムのブログのランキングにも
参加中!!
ブログランキングならblogram
★Twitterもやっています! Twitterらっこ
スポンサーリンク

シェアする

フォローする