この世界の片隅に

ドラマ・この世界の片隅に9話・ネタバレ・感想・考察~終戦を迎えて最終回

更新日:

 

ドラマこの世界の片隅に9話ネタバレ感想考察になります。

原作はこちら↓

ドラマ・この世界の片隅に・9話あらすじ

昭和20年秋。径子(尾野真千子)ら家族の計らいもあり、すず(松本穂香)は妹・すみ(久保田紗友)のいる草津へと向かう。そこで祖母・イト(宮本信子)と再会するすず。 一方、任務を終えて久しぶりに北條家に帰ってきた周作(松坂桃李)は、すずを追いかけて草津へと向かうことに。

yahootvより引用

この世界の片隅に視聴率推移

第1話 10.9%
第2話 10.5%
第3話 9.0%
第4話 9.2%
第5話 8.9%
第6話 8.5%
第7話 9.8%
第8話 10.9%

ドラマ・この世界の片隅に・9話・ネタバレ・感想・考察

9話が最終回でした。もう1話あると思ったのですが・・・終わりで気付きました。

昭和20年11月。

終戦を迎えた広島。

子供と勘違いされ、すずは、米兵に、チョコレートをもらう。

少女を見て、戦死した娘のことを思い出す、径子。

 

進駐軍の残飯雑炊は、タバコの空き箱が入っている。

タバコの空き箱の鍋よく食べられますね。

 

仏壇の晴美の写真に、チョコレートをお供えする。

 

物々交換のために、北条家の女性は各々出せるものを探していた。

すずは、「もう、祝言はしない」と、祝言の時の晴れ着もバザーに出す。

あまりいいものが手に入らなかった。

「こんだけ?」状態。

物資の流通はしていないが、戦争が終わったのをかみしめる北条家。

 

志野の旦那が帰ってくる。

良かったと言って、泣いて抱き合う2人。

 

すずの元に郵便が届く。

おばあちゃんからだった。

手紙も1人で封が開けられないすず、義母に開封してもらう。

泣いてええよ。我慢しないでええ。泣いてええよと言う義母。

ここはあんたの家じゃけ。我慢しとったらおかしくなるよ。と言う義母。

 

お母さんが行方知らず、妹すみちゃんは、寝たきりになってしまう。

 

すずは、話があると醤油が切れた話を家族にしようとしたら、勘違いして、広島に行きたいという話だと勘違いされた。

径子は、一緒に行ってやりたいけど、仕事クビになってしまうと。

 

最初はすずに、辛く当たっていましたが、だいぶ優しくなりましたね。義理姉の径子さん。

 

すずは、おばあちゃん家に到着する。

すずと、すみは、チリも積もった話をする。

 

早う来れんでごめんねと言う、すず。

早よう来んでよかったと言う、すみちゃん。

お母さんが行方不明。お父ちゃんも亡くなっていた。

すみちゃん、辛かったでしょうね。

 

周作が任務から急いで帰ってくるも、すずはいない。

すずが、すみに、漫画を渡す。左手で描いたから下手くそ。

 

おばあちゃんばかりが無事で悔しいと言う、おばあちゃん。

でも、生きることは生きることだけ。一生懸命良い海苔作ると言うおばあちゃん。

後の節子のシーンの伏線ですね。

 

負けなさんなすずちゃんと言うおばあちゃん。

浦野の実家に行くが、子供が不法侵入していた。

「すみませんすみません」と連呼する男の子。

すずは、首を振って何も言わずに立ち去る。

 

すずが帰って、一歩遅く、周作がすみと、すずのおばあちゃんの所にたどり着く。

 

すずは、瓦礫街で、色々な人に間違われる。

そこで、「また人、間違いだ」と思ったところにいたのは、周作だった。

 

気付いたら、そこは、その場所は、幼いころ、周作とすずが出会った場所だった。

 

幼い少女が、町をさまよっていた。母親が原爆に遭い亡くなった。父親は戦死。

駅で電車を待っていたすずと、周作。食べようとしたおにぎりを落っことしてしまっていた。

女の子はそれを拾ってすずに渡す。

すずは、落としていないおにぎりを私少女に食べるように言う。

 

少女が、原爆に遭う前に、食べようとした食事は、ご飯に海苔をかけたもの。

そしてお母さんに食べなさいと言われていたところだった。

すずのおばあちゃんが、生きる。海苔を作るといったことからの伏線の回収ですね。

 

同じようにのりを巻いたご飯に(おにぎり)にお母さんを思い出して、すずに、「お母ちゃん」と言って抱きしめた子供は節子の幼少時代だった。

 

すずは、節子に、「この広島でよう生きとってくれんさったね。ありがとう」と言う。

節子を北条家に連れてくる。

ものすごい量のしらみの節子。

径子は、晴美の服は物々交換で売らなかった。

それを節子に着せてやることになった。

うまくつながりましたね。

 

節子は、かよ(榮倉奈々)に竹ぐしを貸していた。

「力が出るよって貸してくれたの」と言うかよ。

この現代のシーンって要りました?節子おばさんには思い入れのある竹ぐしかもしれないけど、知らないおばあちゃんの竹ぐしってどうなんでしょう。

 

径子の子供の久夫は元気。水原も帰ってきた。

 

近所の姑連中は、うわさ話や、悪口を笑いながら言い合っていた。

嫁や子は嫁や子で、クッキー食べる。

日常が戻ってきましたね。

 

広島カープが出てきました。

負けんさんなよー広島。

 

当時のシーンは良かったですが、現代版の人たちの出てきたのはイマイチ・・・と私は感じてしまいました。

 

この世界の片隅に9話まとめ

もう1話あると思っていたのに、9話まででした。

戦争は終わってしまっているので描きようがないのでしょうかね。

節子さんは、見ず知らずのかよ(榮倉奈々)に自分の母親のすずのことを偉く、重要人物のように語っていたし、励ましていた。

だからか、なんだか違和感が残って、少し、節子さんが偉そうに見えてしまいました。

そこは、普通に、嫁とか、子供とか孫とか、そういう存在であって欲しかった気もします。

 

しかし、節子自体が、【見ず知らずのすずや北条一家に命を救われたということ】それに意味を出したかったのだろうなとは思いますが、少し、違和感が残りました。

当時の状況がまざまざと伝わり、松本穂香のすず、松坂桃梨の周作良い夫婦でした。

 

キャスト・スタッフ

松本穂香 松坂桃李 村上虹郎 伊藤沙莉 土村 芳 久保田紗友 宮地雅子 竹内都子  榮倉奈々<現代篇>  古舘佑太郎<現代篇>   香川京子<現代篇> 尾野真千子  木野 花 塩見三省 田口トモロヲ  伊藤 蘭  宮本信子

原作
こうの史代『この世界の片隅に』 (双葉社刊「漫画アクション」連載)

脚本
岡田惠和

音楽
久石 譲

スタッフ
演出:土井裕泰 吉田健 プロデュース:佐野亜裕美

公式ページ
この世界の片隅にTBS公式

 

 

★当サイト初めての方必見!↓

けせらせらっこ自己紹介とおすすめ記事!

 

-この世界の片隅に

Copyright© けせらせらっこ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.