初めてお越しの方必見!→けせらせらっこ自己紹介とおすすめ記事!

この世界の片隅に5話・あらすじ・ネタバレ・感想~すずの怒り爆発

日曜劇場「この世界の片隅に」(5)【迫り来る空襲!さよなら初恋の人】

ドラマこの世界の片隅に5話ネタバレ感想考察になります。

原作はこちら↓

 

見逃した方はU-NEXTをお勧めします。

\見逃し配信ならU-NEXT/




スポンサーリンク
スポンサーリンク

ドラマ・この世界の片隅に・5話あらすじ

昭和19年冬、すず(松本穂香)のもとに、突然幼馴染の水原哲(村上虹郎)が現れる。青葉という重巡洋艦に乗っている哲は、入湯上陸で呉に着き、すずに会いに来たのだった。一晩泊めて欲しいと言う哲に面食らう径子(尾野真千子)とサン(伊藤蘭)だったが、結局哲を一晩泊めることに。幼馴染である哲と仲の良さそうなすずを見て、心中穏やかではない周作(松坂桃李)。ふいに哲と二人きりになってしまった周作は・・・

Yahoo!TV引用

この世界の片隅に視聴率推移

第1話 10.9%
第2話 10.5%
第3話 9.0%
第4話 9.2%

4話は、 関東では、9.2% 広島では、17.8%だったそうです。関心の度合いが違いますね。

スポンサーリンク

ドラマ・この世界の片隅に・5話・ネタバレ・感想・考察

学生時代の想い人水原がやってくる

3、4話は周作とリンの過去が紐解かれていって、やりきれない思いを抱える、すずでした。

5話は、すずの初恋の人、水原の登場です。

昭和19年12月のある日、すず(松本穂香)が水汲みをしていると、軍艦に乗っているはずの水原哲(村上虹郎)が現れた。

水原はすずに会いに来たと言う。すずは水原を北條家に連れて行くが、水原は今晩泊めて欲しいと言い出す。サン(伊藤蘭)と径子(尾野真千子)は突然の客にびっくりするものの、やがて状況を楽しみ始める。

水原は、よっぽど、すずのことが忘れられなかったのですね。

 

帰宅した周作(松坂桃李)は水原の顔を見て以前会ったことを思い出す。

しかし周作が知らないすずの過去を水原が話すのを聞き不機嫌に。

水原は周作の気持ちも知らずひたすら笑顔ではしゃぎ続ける。二人に挟まれすずは気が気でない…。

偶然が必然になりましたね。それにしても、水原は、あっけらかんとしていました。

 

次、戦地に行けば、死ぬかもしれないと分かっているからこそ、あっけらかんとして、はしゃいでいたのでしょう。

 

学生時代の水原と比べても、前は、落ち着いた印象でしたからね。

 

やがて夕食も終わり、居間には水原と周作の2人だけに。

水原は戦艦での様子や思いを吐露する。

それを聞いた周作は水原に納屋で寝てくれと言い渡し、母屋から追い出してしまう。

そしてすずにも2人で昔話をして来いと水を向ける。

 

水原に、求められても、旦那がいるからと拒むすず。

 

こういう日がくるのを待ち望んでいた気もするといいつつも・・・。

 

そして、すずは、こういうシチュエーションを作り出した、夫周作のことが憎らしく思う

 

一方、水原は、普通のことで怒る、すずを微笑ましく思う。

 

そして、すずに頼む。

ずーっとこの世界で普通でまともでおってくれ。

 

戦争の悲惨さがよく表現できているシーンですよね。普通でない日常それが戦時下です。

 

そんな平和な夜を明け、水原は現実に戻ります。

昨晩のあっけらかんとした様子とは打って変わって、まじめな水兵さんに戻っていました。

ご武運をと言って見送られます。

周作の女心分かってないその2

周作は、元思われていた人、水原に、すずを差し向けました。そしてそのデリカシーのなさは幸子にも行います。

 

餅付きで、近所のみんなが集まった時のことです。

 

周作のことを恋い慕っていて、すずと結婚したことで、その想いが玉砕した幸子です。

 

その幸子に、「周作の同僚の成瀬という人を紹介しようか?」と言ったのです。

 

それを見て、女心が分かっていないと怒りを募らせる、すずでした。

 

しかし、幸子は、周作に「よろしゅうお願いします」と言って依頼します。

 

女心は分かっていない周作だけど、ピンポイントで、その人その人の困りごとや真意を見抜けるのが周作なのかなと思いましたね。

すずの兄の戦死

すずの兄が戦死してしまいました。

遺骨が届きます。

しかし、その遺骨はとても軽いのです。

 

なんと、石が入っていただけでした。

 

そのため、母のキセノは、生きている誤報だと勘違いしてしまいました

 

海軍で軍法会議の録事をしている、周作の見解では、

全員玉砕していると分かった場合。

遺骨すらも、持ってこれないこともあるということを説明します。

 

状況を把握した、キセノは、崩れ落ち、号泣します。

 

兄の葬式の帰り、電車内で、すずは、たまっていた怒りを周作にぶつけます。

 

人が見ていても気にならないくらい喧嘩になるって相当、すずさん、たまっていましたね。

 

駅員さんが、切符を拝見と2人のもとに来る。

呉までに終わるといいがその喧嘩。

と、言うと、ドット、乗客に笑われて、2人は、我に返ります。

電車が揺れて、周作にすずは、もたれ掛かざるを得ない体勢になり、喧嘩がおさまりました。

 

それを、すずは、兄が仲直りさせてくれたと感じました。

 

すず以外が風邪で熱を出す

すず以外の家族が熱を出します。

姉の径子が、ザボンが食べたいと言います。

 

すずは、闇に行きます。そのついでに、リンドウの茶碗をリンに返しに行きます。

 

リンは、居留守を使い、風邪の遊女が、リンドウの茶碗を受け取ります。

 

すずが、周作は自分の旦那だ!自分のものだ!ということの意思表示ですね。

 

現代の榮倉奈々は?

榮倉奈々は、介護の仕事をしていて、身も心も疲れた時に出会ったのが、北条さんという、おばあちゃんだったようです。

 

おばあちゃんでも、親友だそうで、年齢を超える友情っていいですね。

世界で一番好きな人だそう。

 

すずと、晴美の平和な日常の上に、戦闘機がよぎって、空襲がありそうなシーンで終えました。

 

 

スポンサーリンク

キャスト・スタッフ

松本穂香 松坂桃李 村上虹郎  伊藤沙莉 土村 芳 ドロンズ石本 久保田紗友 稲垣来泉  二階堂ふみ  榮倉奈々<現代篇> 古舘佑太郎<現代篇>  尾野真千子  木野 花 塩見三省 田口トモロヲ 仙道敦子  伊藤 蘭  宮本信子

原作
こうの史代『この世界の片隅に』 (双葉社刊「漫画アクション」連載)

脚本
岡田惠和

音楽
久石 譲

スタッフ
演出:土井裕泰 吉田健 プロデュース:佐野亜裕美

公式ページ
この世界の片隅にTBS公式

 

見逃した方はU-NEXTをお勧めします。

\見逃し配信ならU-NEXT/