初めてお越しの方必見!→けせらせらっこ自己紹介とおすすめ記事!

ドラマ・この世界の片隅に4話あらすじ・ネタバレ・感想・考察~すずは代用品?長男は我慢?

この世界の片隅に4話

 

戦争の足音が次第に近づいてきた昭和19年広島、呉。懸命に毎日を生きるすずは、夫が隠していた女物の茶碗を見つけてしまい… 

 

この世界の片隅に4話ネタバレ感想あらすじになります。

原作はこちら↓

見逃した方はU-NEXTをお勧めします。

\見逃し配信ならU-NEXT/




スポンサーリンク
スポンサーリンク

この世界の片隅に・4話・あらすじ

体調を崩し、寝込んでしまったすず(松本穂香)。円太郎(田口トモロヲ)から、子供が出来たのではないかと言われ、喜びを隠せない周作(松坂桃李)。すずも笑顔になる。 病院へ行った帰り道、すずは再びリン(二階堂ふみ)を訪ねる。次第に友情を育んでいく二人。 そんな折、離れて暮らしている径子の息子・久夫(大山蓮斗)が北條家にやってくる。久々の再会を喜ぶ径子。久夫が訪ねて来たのにはある理由があって・・・

Yahoo!tvより引用

スポンサーリンク

この世界の片隅に4話ネタバレ感想・考察

昭和19年8月のある日、 すず(松本穂香)が段々畑から見える呉湾をスケッチしていると、憲兵からスパイ行為だと厳しく叱られる。憲兵のあまりの剣幕にすずは恐ろしくなる。何とかその場は納まったものの、すずはショックで倒れてしまう。

 

その姿を見ていた、サン(伊藤蘭)と 径子(尾野真千子)に笑われる。

 

スケッチすらも憲兵に捕まってしまうなんて、すずさんは、怖い思いしましたね。

 

夜も尚、体調が悪いすずを家族は心配する。夏バテや疲れではないかと言い合う中、 円太郎(田口トモロヲ)は「子供ができたのでは?」と口にする。

この唐突な発言に サン(伊藤蘭)と 径子(尾野真千子)は不快感を露にする。

 

翌日、すずは病院に行くも、妊娠はしていなかった。ストレスで生理周期がずれただけとのことだった。

 

病院の帰り道に朝日遊郭を訪れる。リン(二階堂ふみ)と再会した、すずは楽しくお話をする。

子供ができなかったらどうすればいのか・・・などなど、悩んでいるすずにリンは・・・

 

子供でも売られても、何か足りないくらいで、この世界に居場所はのーならせんよ。

とリンは、すずを励ます。

 

自身も売られた過去を持つ、リンが言うと説得力が増すし、落ち込んだ時に力が出る言葉ですね。

 

そして・・・

リンは、お客さんに「自分の住所を名前を書いてもらった紙」を宝物だと言って、すずに見せる。

そのお客さんは、文字を書く仕事をしているということだった。

 

 

→そのお客さんとは・・・なんと、自分の夫周作だったことに後に、すずは気付く

 

皮肉なものですね。

 

スポンサーリンク

すずの懐妊?騒動と、径子長男との別れ

すずの懐妊騒動と、径子の長男の決意そして別れは、「子供にまつわる」よくできた対比でした。

 

また、周作と久夫も、「その家の跡取り息子1人の長男」です。「長男が背負うもの」比較がうまく表現できていて物語に深みが入りました。

 

  • 周作が、自分勝手に遊女リンと結婚しなくてよかった(我慢した)
  • 久夫が、母と妹と別れる決意をする(我慢した)

久夫の決意

ある日、北條家に小さなお客さんが訪ねてきた。広島の黒村家に径子が置いてきた長男・久夫(大山蓮斗)がひとりで呉の北條家までやってきた。久夫はある決意を持って北條家を訪れていた。

久夫は小さいながらもしっかりしていました。

 

久夫は、径子の亡くなった夫の実家で「跡取りとしてやっていく」と決意したと、母親の径子に言いにきたのでした。

 

牛肉のやまと煮の缶詰をサン(伊藤蘭)さんが出す。

 

戦争で、物資が少なくなっている中奮発しましたね。

 

別れ際・・・

母とはるみをよろしゅうお願いします。

と言って去ります。

 

しっかりしているなと思いましたが、径子が追いかけて走って行ったら久夫は泣きながら歩いていました。ぐっとこらえていたのですね。

 

スポンサーリンク

リンとりんどう・・・すずは代用品?

一方、はるみが、

お兄ちゃんの取り合いしてるけど、うちはええん?

と言って泣き出します。

幼い、はるみには理解できませんよね。

 

しかし、ずも、また、自分に価値はない。自分は代用品に過ぎないのじゃないか思ってしまうのです。

代用品の小道具

  • すいとん
  • 落ち葉で作る炭の代用品

 

すずは、物資の疎開に来た親戚の手伝いなどをしている際に蔵で、りんどうの茶碗を見つけます。

 

その茶碗は、周作が、買ったお茶碗でした。

 

裏庭で、竹の処理をしていたすずは、リンドウの花が咲いていることに気づきます。

その瞬間、リンがリンドウの着物を着ていたことを思い出します。

 

家に帰り、周作の引き出しを開けると、破れたノートが出てきます。の、破れた個所は、ちょうどリンが、宝物と言ってたリンの名札の大きさと一緒です。

 

全部つながりました。つながってしまいました。

 

すずに、とっては、受け入れたくない現実です。

代用品の逆襲

炭になりきっていない代用品が煙をモクモクと発しました。

 

これも、自分を代用品と思っているすずの心情をうまく描写した表現でしたね。

 

モクモクと煙をあげた(代用品)すず!そして、次回・・・すずの、初恋の人である水原さんとの再会です。


4話予告動画です↓

 

 

スポンサーリンク

この世界の片隅に・キャスト

松本穂香

松坂桃李

村上虹郎

伊藤沙莉

土村 芳

稲垣来泉

二階堂ふみ

榮倉奈々

尾野真千子

田口トモロヲ

伊藤 蘭

<現代篇>

榮倉奈々

古舘佑太郎

原作

こうの史代『この世界の片隅に』 (双葉社刊「漫画アクション」連載)

脚本

岡田惠和

岡田惠和さんは、朝の連続テレビ小説「ひよっこ」の脚本家でおなじみですね。

ドラマこの世界の片隅にの主人公・すず役の松本穂香さんは、澄子役でブレイクしたのも記憶に新しいです。

音楽

久石 譲

スタッフ

演出:土井裕泰 吉田健 プロデュース:佐野亜裕美

公式ページ

番組HPこの世界の片隅に・公式

見逃した方はU-NEXTをお勧めします。

\見逃し配信ならU-NEXT/