冬のおでんは神メニュー!3日楽しめた~ずぼら的にも◎野菜丸ごと入れ

2月22日おでんの日らしいです。

ふーふーふーだからおでんの日

って面白いですね。

 

 

今回は、ある日のおでんです。

購入した鶏肉に書いてあったことです。

 

サムゲタンって何だっけ?

あれでしょう。韓国の鳥のスープでしょう。

サムゲタンにって書いてあるけど、作り方、分からないからおでんでいいわ。おでんにするわ

ってことで、この日はおでんになりました。

  • サムゲタン
  • シチュー
  • ポトフ
  • おでん

体が芯から温まりますよね

煮込み料理は、寒い日にはありがたいメニューです。

 

3日連続しておでんをアレンジして楽しみましたよ。

冬の時期ですから、腐る心配も夏に比べて

少ないですし、

日を置いた方が、味が染み込みます。

 

冬のおでんずぼらさんにとって神メニューではないか?

と思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

おでんの下ごしらえ・ポイント

大根

大根を面取りをして、米のとぎ汁(米ぬかなど)でゆでる

 

ゆで卵を作る

 

練りもの、油揚げ

練りものの中で、油で揚げているものや油揚げ

一度さっとゆでて油を落とす

(味を染み込ませるため)

 

こんにゃく
こんにゃくもあく抜きが必要なものは

あく抜きをして、隠し包丁を入れる

(最近のこんにゃくはあく抜き不要と書いてあるものもある)

 

鶏肉

鶏肉は、生臭くなるので、一度焼いてから入れています。

 

 

だし汁

醤油を入れすぎると、だし汁の色が黒くなるので

塩分は塩で調節する

 

野菜

野菜(じゃがいも、たまねぎ)は、荷崩れ防止のためにも、

小ぶりの大きさのもの、を丸ごと入れる

人参も少し大きめにカットする

 

ずぼらポイント大根は、大根をぬか汁で煮て下ごしらえするかしないかで、全然美味しさが違います。めんどくさいなら大根を入れないという手もあります。今回は、大根を入れなかったけど、代わりの具材、丸ごと玉ねぎが、凄く美味しかったですよ
スポンサーリンク

おでんの作り方・手順

  1. 昆布を入れる
  2. 野菜をゆでる
  3. 焼いた鶏肉を入れる
  4. 醤油・みりん・酒・塩で味を調える
  5. 最後に、練り物を入れる

昆布と鳥肉で良い出汁が取れますね

スポンサーリンク

おでん具材

これは、2日目のおでんです。

1日目はこの、大き目の土鍋に入りきらないで、

別鍋でも調理したものも、あるくらい大量に作りましたよ。

(1日目は撮るの忘れました)

 

おでん

 

2日目のおでんなのですが

  • 昆布
  • 人参
  • ジャガイモ
  • 厚揚げ
  • こんにゃく
  • 小さめのたまねぎ丸ごと
  • 練り物
  • 骨付き鶏肉
  • ゆで卵

 

いろいろな具材が、入ってしまっていますね。

今回、おでんの定番の大根、が入っていませんでしたが、

大根以上に美味しいかも!っていうくらい、

 

小さめたまねぎ丸ごとが最高に美味しかったです。

 

後、ジャガイモ(丸ごと)人参も美味しかったです。

(入っていませんが、里芋もおいしいと思います)

 

野菜おでん

 

3日目のおでん

さらに、3日目のおでんです。

3日目のおでん

 

少なくなってきた具材に、

  • 糸こんにゃく
  • ちくわ
  • はんぺん

が追加で、投入されましたよ。

 

1日目には、三角にしたこんにゃくが入っていましたが、

 

おでんの定番の糸コンがここへ来て入りました。

 

同じこんにゃくと言う具材でも、

日を分けて投入すると、

また、違った味わいを楽しめます。

ずぼらは弁当にもおでん

ずぼらな私は、一人暮らし、会社員時代、

弁当におでんカレーを持って行っていました。

 

タッパに入れて会社の電子レンジで温めて食べていました。

こちらとしては、お弁当作るのがめんどくさいから、

ずぼらランチなのに、

 

わー!おでん良いなー

 

と、言ってもらえることも、意外と多かったですよ。

スポンサーリンク

最後に

いかがでしたでしょうか。

冬の寒い時期にいただくおでんは最高ですね。

 

我が家では3日連続楽しめました。

 

ずぼら流なら、あえて、下処理が面倒くさい大根を入れないという手もありですよ。

(大根高いですしね)

 

小ぶりな玉ねぎが丸ごと入ったおでんは、

人気具材№1に輝く大根に引けを取りませんでした。

 

後日、具材を入れたりして、アレンジして食べるのもお勧めです。

コメント